忍者ブログ
映画・DVD・映画館レビュー
映画・DVDブログ内検索
映画・DVD最新記事
映画・DVDカテゴリー
映画・DVD記事 - 月別
映画・DVDカレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
あなきん
性別:
男性
職業:
ダースベイダー
趣味:
映画鑑賞



My Yahoo!に追加
映画・DVDブログ相互リンク
映画・DVD検索
映画DVD-Ad
映画・DVD RSS
映画・DVD最新コメント
[06/08 GMN(TRUTH?ブログエリア)]
[06/04 かけら]
[06/01 alice-room]
[05/28 かんすけ]
[05/26 まはろ]
映画・DVDのレンタル・通販
映画・DVDブログQRコード
映画・DVDアクセス

映画・DVDの作品のあらすじ、監督、俳優やハリウッドスターと映画館のレビュー

PAGE |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回の紹介映画は、スター・ウォーズでアナキン・スカイウォーカーを演じたヘイデン・クリステンセン出演の感動作です。
海辺の家

海辺の家

この映画、私はヘイデン・クリステンセンが出演しているんで購入して観賞したのですが、良い映画でした。
基本的には親子の交流を描いたヒューマンドラマなのですが、親と子それぞれの視点からお互いと自分自身を見つめ直していくというストーリーが秀逸だと思います。
この映画の見所は、やはりラストシーンだと思います。
感動物というだけの映画ではなく、所々にユーモアをエッセンスとして作られた作品だと思います。
親の立場の人も、子供の立場の人も、自分に立場を置き換えて考えながら観賞してみて下さい。
自分にも思い当たるという部分がきっと発見出来る、そんな映画だと思います。

オススメ度7.5(10点満点中)

PR
今回の紹介映画は、ちょっと懐かしめの青春映画です。
アウトサイダー

アウトサイダー

この映画、私がまだ若かった頃、大好きな映画の一本でした。
レンタルビデオで何度この映画を観たか分からないくらいです、基本的に不良少年同士のイザコザを描いた映画なのですが、フランシス・フォード・コッポラ監督の手腕によって、とても感慨深い作品になっています。
この映画の見所は、不良と呼ばれてしまう少年達の心の移り変わりや、若さゆえに過ちを犯してしまう少年達の友情でしょう。
この映画、何気に出演している役者も今となっては豪華なキャスト達です。
大人になってしまってから観ると、また違った観かたの出来る、そんな映画です。
あとは、スティービー・ワンダーステイ・ゴールド、これをぜひ聞いて下さい、名曲です。

オススメ度7.5点(10点満点中)
今回の紹介映画は、宇宙人の地球攻撃を描いたハリウッドの超大作映画です。
インデペンデンス・デイ ID4

インデペンデンス・デイ

このインデペンデンス・デイという映画は良い意味でも悪い意味でもハリウッドの超大作映画です。
アメリカの、アメリカによる、アメリカ最高!という部分を抜きにすると、私はこの映画、大好きなんです、もう何度観たかすら分かりません。
こういった映画の嫌いな方は、たぶんくだらないと思う映画でしょう、それは間違いありません、このインデペンデンス・デイと言う映画はそういった映画の1つです。
この映画の見所は、やはりアカデミー賞で視覚効果賞を受賞した特殊効果を駆使した映像でしょう、この手の映画が好きな人はオープニングの月のシーンからラストまで丸々楽しめると思います。
個人的に私が大好きなシーンは、ラッセル・ケイスが宇宙船に突っ込んでいくシーンですね。
私はこの映画DVDは通常版とアルティメット・エディションの2枚を所持しているのですが、特別版では9分間の追加シーンがあるのでお好きな方は劇場公開版と見比べて見て下さい。
アルティメット・エディションのDVDは特典映像もてんこ盛りでかなり楽しめます。

オススメ度9.5点(10点満点中)

今回の紹介映画は、第72回のアカデミー賞で、作品、監督、脚本、主演男優、撮影の主要5部門を受賞した、この映画です、
アメリカン・ビューティー

アメリカン・ビューティー

この映画、さすがにアカデミー賞で5部門を受賞しただけあって、面白いです。
映画の冒頭からあっと驚くような台詞で始まり、この映画の世界に引き込まれていってしまいます。
この映画の見所は、アカデミー賞で主演男優賞を受賞したケビン・スペイシーが見せてくれる駄目男役を演じた素晴らしい演技でしょう。
この映画の面白さは脚本の良さと、彼の演技の良さが大部分を占めていると私は思いました。
現在はDVDも廉価版が発売されていて、かなり安価で購入する事が出来るので、この映画をまだ未見の方はぜひ一度鑑賞してみて下さい、かなりオススメの映画です。

オススメ度8.5点(10点満点中)

(C)映画・DVD・映画館レビュー|あなきん
忍者ブログ | [PR]