忍者ブログ
映画・DVD・映画館レビュー
映画・DVDブログ内検索
映画・DVD最新記事
映画・DVDカテゴリー
映画・DVD記事 - 月別
映画・DVDカレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
あなきん
性別:
男性
職業:
ダースベイダー
趣味:
映画鑑賞



My Yahoo!に追加
映画・DVDブログ相互リンク
映画・DVD検索
映画DVD-Ad
映画・DVD RSS
映画・DVD最新コメント
[06/08 GMN(TRUTH?ブログエリア)]
[06/04 かけら]
[06/01 alice-room]
[05/28 かんすけ]
[05/26 まはろ]
映画・DVDのレンタル・通販
映画・DVDブログQRコード
映画・DVDアクセス

映画・DVDの作品のあらすじ、監督、俳優やハリウッドスターと映画館のレビュー

PAGE | 26 21 22 46 44 42 41 34 24 23 13
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回の紹介映画は、第72回のアカデミー賞で、作品、監督、脚本、主演男優、撮影の主要5部門を受賞した、この映画です、
アメリカン・ビューティー

アメリカン・ビューティー

この映画、さすがにアカデミー賞で5部門を受賞しただけあって、面白いです。
映画の冒頭からあっと驚くような台詞で始まり、この映画の世界に引き込まれていってしまいます。
この映画の見所は、アカデミー賞で主演男優賞を受賞したケビン・スペイシーが見せてくれる駄目男役を演じた素晴らしい演技でしょう。
この映画の面白さは脚本の良さと、彼の演技の良さが大部分を占めていると私は思いました。
現在はDVDも廉価版が発売されていて、かなり安価で購入する事が出来るので、この映画をまだ未見の方はぜひ一度鑑賞してみて下さい、かなりオススメの映画です。

オススメ度8.5点(10点満点中)

ストーリー 広告代理店に勤め、シカゴ郊外に住む42歳のレスターは一見幸せな家庭を築いているように見えている、 しかし不動産業を営む妻のキャロラインは見栄っ張りで自分が成功することで頭がいっぱい。娘のジェーンは典型的なティーンエイジャーで、父親の事を嫌っている。自分自身も中年の危機を感じていた。そんなある日、レスターは娘の応援を見に行って、彼女の親友に恋をしてしまう。 そのときから、諦めきったレスターの周りに完成していた均衡は徐々に崩れ、彼の家族をめぐる人々の本音と真実が暴かれてゆく。

出演 レスター  ケビン・スペイシー
    キャロライン アネット・ベニング
    ジェーン ソーラ・バーチ
    リッキー ウェス・ベントリー
    フィッツ大佐 クリス・クーパー
    バディピーター・ギャラガー
    
    
監督  サム・メンデス

製作 ブルース・コーエン ダン・ジンクス

脚本 アラン・ボール 

音楽  トーマス・ニューマン  


販売元 ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

DVD発売日 2006/6/23
PR
Comments
Name

Subject

Mail

Web

Pass
Comment

はじめまして。
かけら URL 2007/06/04 (Mon) 11:11:57 EDIT
TB、ありがとうございました。
「アメリカン・ビューティー」は、おもしろくておかしくて、ちょっと怖くて悲しい映画、だったような。
友人に聞いても、感想がそれぞれ違いすぎるのが、それがおもしろかったです。
Re:はじめまして。
from MASTER 2007/06/05 (Tue) 18:51:43
かけらさん、はじめましてTB承認ありがとうございます。
アメリカン・ビューティーは、私の中ではかなりオススメの映画なのですが、やっぱり評価は分かれますかね?
コメントありがとうございます。
Trackbacks
TRACKBACK URL F
アメリカン・ビューティー/mr&mrsスミス
URL 2007/06/04 (Mon) 06:44:43
子供達が友達の家にお泊りという事で、久しぶりに映画を観れた。 まず、以前MrMaxで500円で購入した 『アメリカン・ビューティー』 なんだか、ビリー・ワイルダーを思い出させる演出で懐かしい感じがした。 主役と言って良いお父さんも、ジャック・レモンを、思いっきり連想させてくれる。 内容は、ビリー・ワイルダー同様、シリアスな面もありながらコミカルで楽しく観れた。 まぁ、個人的には、感想としてそんなもんかな。 (ちなみに 『キャスト・アウェイ』 も500円で売られていて購入した。 MrMaxあなどれない)...
(C)映画・DVD・映画館レビュー|あなきん
忍者ブログ | [PR]