忍者ブログ
映画・DVD・映画館レビュー
映画・DVDブログ内検索
映画・DVD最新記事
映画・DVDカテゴリー
映画・DVD記事 - 月別
映画・DVDカレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
あなきん
性別:
男性
職業:
ダースベイダー
趣味:
映画鑑賞



My Yahoo!に追加
映画・DVDブログ相互リンク
映画・DVD検索
映画DVD-Ad
映画・DVD RSS
映画・DVD最新コメント
[06/08 GMN(TRUTH?ブログエリア)]
[06/04 かけら]
[06/01 alice-room]
[05/28 かんすけ]
[05/26 まはろ]
映画・DVDのレンタル・通販
映画・DVDブログQRコード
映画・DVDアクセス

映画・DVDの作品のあらすじ、監督、俳優やハリウッドスターと映画館のレビュー

PAGE | 5 45 7 36 43 28 33 32 9 40 6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回の紹介映画は、フランク・ダラボン監督、ティム・ロビンス、モーガン・フリーマン出演のこの映画です。
ショーシャンクの空に

ショーシャンクの空に

この映画を一言で語るとするならば名作です。
この映画はスティーヴン・キングの小説である「刑務所のリタ・ヘイワース」を映画化した作品になります。
私は、原作を読んだ事がないので、映画原作の比較は出来ませんが、このショーシャンクの空にという映画は今まで観た映画の中でもかなり心に残っている映画の1つになります。
この映画の見所は、やはり爽快なラストシーンと、それに繋がるまでを解説したラスト近くの数十分間ですね、あとはDVDのジャケットにもなっているシーンですね、何のシーンかは観てのお楽しみという事で。
正直、この映画、最初のほうは何だか暗い感じの映画です、しかしラストシーンの爽快感がこの映画を素晴らしい心に残る作品に仕上げています。
映画好きの方なら、一度は鑑賞されているとお思いますが、未見の方はこの機会にぜひ観てみて下さい。
DVDも一時は手に入れるのが困難でしたが、現在はそれほど困難ではないと思います。

オススメ度9.5点(10点満点中)

ストーリー 銀行員だったアンディ・デュフレーンは、妻とその愛人を射殺したという身に覚えのない罪で終身刑になり、ショーシャンク刑務所に投獄されることになってしまう。刑務所が持つ異質な雰囲気に初めは戸惑い孤立していたアンディであったが、「調達係」と呼ばれ服役囚から慕われていたエリス・ボイド・"レッド"・レディングと出会い、鉱石を砕くロックハンマーや、リタ・ヘイワースなどのスターのポスターなど様々な物を調達して貰ううちに、少しずつ彼との交流が深まっていく。アンディは元銀行員の経歴や技能を如何なく発揮して、刑務所内の環境改善に取り組む事でレッドや他囚人の信頼を高めていく。さらには刑務官達からも一目置かれるようになり、彼らの税務処理や所長の所得隠しまでも請け負う事になるが、彼にはある考えがあった、そして、アンディはついに奇跡を起こす事に・・・。

出演 アンディ・デュフレーン   ティム・ロビンス
    エリス・ボイド  モーガン・フリーマン 
    ヘイウッド  ウィリアム・サドラー
    サミュエル・ノートン ボブ・ガントン
    ブルックス・ヘイトレン    ジェームズ・ホイットモア

監督 フランク・ダラボン

原作 スティーヴン・キング 

音楽 トーマス・ニューマン

販売元 松竹

DVD発売日 2004/3/25
PR
Comments
Name

Subject

Mail

Web

Pass
Comment

Trackbacks
TRACKBACK URL F
『ショーシャンクの空に』 そしてブログは回帰する
URL 2011/02/12 (Sat) 20:00:41
 【ネタバレ注意】  永劫回帰――ニーチェが提示したその考えを一言に集約しようなんて、哲学者諸氏のお叱りを受けるかもしれない。  無謀を承知で敢えて云おう。永劫回帰、それは「明日も今日とおんなじ...
(C)映画・DVD・映画館レビュー|あなきん
忍者ブログ | [PR]