忍者ブログ
映画・DVD・映画館レビュー
映画・DVDブログ内検索
映画・DVD最新記事
映画・DVDカテゴリー
映画・DVD記事 - 月別
映画・DVDカレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
あなきん
性別:
男性
職業:
ダースベイダー
趣味:
映画鑑賞



My Yahoo!に追加
映画・DVDブログ相互リンク
映画・DVD検索
映画DVD-Ad
映画・DVD RSS
映画・DVD最新コメント
[06/08 GMN(TRUTH?ブログエリア)]
[06/04 かけら]
[06/01 alice-room]
[05/28 かんすけ]
[05/26 まはろ]
映画・DVDのレンタル・通販
映画・DVDブログQRコード
映画・DVDアクセス

映画・DVDの作品のあらすじ、監督、俳優やハリウッドスターと映画館のレビュー

PAGE | 34 24 23 13 17 16 15 14 10 8 3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回の紹介映画は、ハンニバル・レクターシリーズの映画,第二弾です。
ハンニバル

ハンニバル

この映画の日本公開は2001年の4月、前作の羊たちの沈黙から約10年後の公開です。
監督がジョナサン・デミからリドリー・スコットに代わり、クラリス役の女優もジョディ・フォスターからジュリアン・ムーアに代わってしまっています。
私はあのジョディ・フォスターのやぼったい感じのクラリスのほうが好きだったので、そこは少し残念なところであります。
この映画の見所は、レクターのピンチを救うクラリスのシーンや、やはりレクターの冷酷で残忍で緻密な犯罪でしょう、特にこの映画はラスト近くや映画中の各所に衝撃的なシーンが多くあります。
私はこのハンニバルという映画の映像や音楽は大好きなのですが、ストーリーの緻密さとしては前作よりも落ちてしまうかなと思います、前作よりもレクターやクラリスの魅力が描ききれていない部分が少々残念ですね。
しかし、この映画もハンニバル・レクターシリーズの中の一つとして完成された良作ではあると思います。
私の所有しているDVDは古いほうのスペシャルボックスなのですが、DVDの特典映像などもかなり充実していて結構オススメです。

オススメ度7.5点(10点満点中)

ストーリー ハンニバル・レクターが全米中を恐怖の渦に落とし入れたバッファロー・ビル事件の解決に協力した直後に脱走してから10年たち、博士と関わり、事件の犯人を逮捕したクラリス・スターリングは、今やFBIのベテラン捜査官になっていた。しかし、ヴァージニアで任務についたクラリスは、追っていた麻薬売人を射殺してしまいその責任を追及されてしまう。窮地の彼女に目をつけたのは、レクターに顔の皮膚を剥がされ、恨みをもつ大富豪メイスン。クラリスを餌にレクターをおびき出すため、政界入りを狙っている司法省のポール・クレンドラーを利用し、彼女をレクター捜査へ復帰させる。その頃レクターは、イタリアのフィレンツェに潜伏しフィル博士と名前を変えて司書の仕事についていた。クラリスの動向をこの10年ずっと追い続けていたレクターは、彼女へ手紙を出す…。

出演 クラリス・スターリング ジュリアン・ムーア
    ハンニバル・レクター アンソニー・ホプキンス
    メイスン・ヴァージャー ゲイリー・オールドマン
    ポール・クレンドラ  レイ・リオッタ
    リカルド・パッツィ  ジャンカルロ・ジャンニーニ
    アレグラ・パッツィ フランチェスカ・ネリ 

監督 リドリー・スコット

原作 トマス・ハリス

音楽 ハンス・ジマー

販売元 東宝

DVD発売日 2001/10/25
PR
Comments
Name

Subject

Mail

Web

Pass
Comment

Trackbacks
TRACKBACK URL F
映画「ハンニバル」
URL 2007/05/12 (Sat) 01:30:43
映画「ハンニバル」に関するトラックバックを募集しています。
映画「ハンニバル」
URL 2007/05/12 (Sat) 01:31:32
「ブレードランナー」「グラディエーター」のリドリー・スコット監督作品。医学博士の肩書きを持つ連続猟奇殺人鬼とFBI捜査官の女性の宿命的な対決を描く、大ヒット・スリラー「羊たちの沈黙」の続編。原作は未読です。どうしても「羊たちの沈黙」と比べて評価してしまう...
(C)映画・DVD・映画館レビュー|あなきん
忍者ブログ | [PR]