忍者ブログ
映画・DVD・映画館レビュー
映画・DVDブログ内検索
映画・DVD最新記事
映画・DVDカテゴリー
映画・DVD記事 - 月別
映画・DVDカレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
あなきん
性別:
男性
職業:
ダースベイダー
趣味:
映画鑑賞



My Yahoo!に追加
映画・DVDブログ相互リンク
映画・DVD検索
映画DVD-Ad
映画・DVD RSS
映画・DVD最新コメント
[06/08 GMN(TRUTH?ブログエリア)]
[06/04 かけら]
[06/01 alice-room]
[05/28 かんすけ]
[05/26 まはろ]
映画・DVDのレンタル・通販
映画・DVDブログQRコード
映画・DVDアクセス

映画・DVDの作品のあらすじ、監督、俳優やハリウッドスターと映画館のレビュー

PAGE | 27 26 21 22 46 44 42 41 34 24 23
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回の紹介映画は、後のSF映画に多大な影響を与えたと言われる、この映画です。
ブレードランナー

ブレードランナー

この映画の日本での公開は1982年7月です、今からもう25年も前の映画になるんですね、この映画。
25年前の映画なので映像にやや古臭さはあるものの、当時としては斬新な設定、今観ても非常に素晴らしい映画だと思います。
SF映画の草分け的な作品であって、後のSF映画や日本のアニメ作品などの多くに影響を与えた映画です。この映画の見所は、やはり設定と隠されたテーマです。出来れば完全版と最終版を見比べて欲しいのですが、当時としては斬新なこの設定、レプリカントの存在とデッカーッドの存在、それはどういう事なのか?これはこの映画における重大なテーマだと思います。
SF映画好きの人なら、休みの日にでも、じっくりと腰を据えて観てほしい、そんな映画の一本だと思います。

オススメ度8.5点(10点満点中)

ストーリー 舞台は2019年、西洋と東洋の文化が入り乱れ、絶えず酸性雨が降り注ぐロサンゼルスに、過酷な開拓地である地球外基地から、男3人・女3人のレプリカント(強い肉体、開発者と同等の知能を持ち、人間とほとんど変わらない外見の人造人間)が脱走してきた。彼らの『解任』を依頼された“ブレードランナー”(レプリカントを見抜く事の出来る技術を身に着けた特殊捜査員)デッカードは、社会に紛れ込んだ人間そっくりのレプリカントたちを追う。

出演 リック・デッカード  ハリソン・フォード
    ロイ・バッティ ルトガー・ハウアー
    レイチェル ショーン・ヤング
    ガフ エドワード・ジェームズ・オルモス
    ブライアン M.エメット・ウォルシュ
    プリス ダリル・ハンナ
    リオン ブライオン・ジェームズ
    
    
監督  リドリー・スコット

製作 マイケル・ディーリー

脚本 ハンプトン・フィンチャー
    デイヴィッド・ピープルズ 

販売元 ワーナー・ホーム・ビデオ

DVD発売日 1996/12/20
PR
Comments
Name

Subject

Mail

Web

Pass
Comment

こと日本においても
GMN(TRUTH?ブログエリア) URL 2007/06/08 (Fri) 23:13:33 EDIT
ブレランの影響力って計り知れないですよね。
観て単純に面白いってものでもないのでカルトムービー扱いでしょうけど、何十年経とうと色あせない名作です。
Re:こと日本においても
from MASTER 2007/06/12 (Tue) 00:13:59
確かにブレードランナーは面白いって映画ではないですねw
ただ色んな映画やアニメに与えた影響は計り知れないものがあると思います。
素晴らしいカルトムービーですね。
Trackbacks
TRACKBACK URL F
ブレードランナー
URL 2007/06/08 (Fri) 23:08:17
原題:BLADE RUNNER監督:リドリー・スコット原作:フィリップ・K・ディ
「ブレードランナー」
URL 2007/06/08 (Fri) 23:30:59
「エイリアン」や「キングダム・オブ・ヘブン」などで知られるアクション映画の巨匠、英国人リドリー・スコット監督が1982年に撮った米国作家フィリップ・K・ディック原作の近未来SF映画「ブレードランナー」(米・香港、117分、ワーナー映画配給)。この映画はディックの思想性もさることながら、脚色や美術など素晴らしい映画的解釈を施しており、まれに見るポリシーをもったSF映画の傑作だ。同映画の劇場公開時にはさほどヒットしなかったが、ビデオ化されてから、カルトムービーとして人気を獲得しており、S.キュ...
(C)映画・DVD・映画館レビュー|あなきん
忍者ブログ | [PR]