忍者ブログ
映画・DVD・映画館レビュー
映画・DVDブログ内検索
映画・DVD最新記事
映画・DVDカテゴリー
映画・DVD記事 - 月別
映画・DVDカレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
あなきん
性別:
男性
職業:
ダースベイダー
趣味:
映画鑑賞



My Yahoo!に追加
映画・DVDブログ相互リンク
映画・DVD検索
映画DVD-Ad
映画・DVD RSS
映画・DVD最新コメント
[06/08 GMN(TRUTH?ブログエリア)]
[06/04 かけら]
[06/01 alice-room]
[05/28 かんすけ]
[05/26 まはろ]
映画・DVDのレンタル・通販
映画・DVDブログQRコード
映画・DVDアクセス

映画・DVDの作品のあらすじ、監督、俳優やハリウッドスターと映画館のレビュー

PAGE | 1 2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回の紹介映画は、後のSF映画に多大な影響を与えたと言われる、この映画です。
ブレードランナー

ブレードランナー

この映画の日本での公開は1982年7月です、今からもう25年も前の映画になるんですね、この映画。
25年前の映画なので映像にやや古臭さはあるものの、当時としては斬新な設定、今観ても非常に素晴らしい映画だと思います。
SF映画の草分け的な作品であって、後のSF映画や日本のアニメ作品などの多くに影響を与えた映画です。この映画の見所は、やはり設定と隠されたテーマです。出来れば完全版と最終版を見比べて欲しいのですが、当時としては斬新なこの設定、レプリカントの存在とデッカーッドの存在、それはどういう事なのか?これはこの映画における重大なテーマだと思います。
SF映画好きの人なら、休みの日にでも、じっくりと腰を据えて観てほしい、そんな映画の一本だと思います。

オススメ度8.5点(10点満点中)

PR
今回の紹介映画は、ハンニバル・レクターシリーズの映画,第二弾です。
ハンニバル

ハンニバル

この映画の日本公開は2001年の4月、前作の羊たちの沈黙から約10年後の公開です。
監督がジョナサン・デミからリドリー・スコットに代わり、クラリス役の女優もジョディ・フォスターからジュリアン・ムーアに代わってしまっています。
私はあのジョディ・フォスターのやぼったい感じのクラリスのほうが好きだったので、そこは少し残念なところであります。
この映画の見所は、レクターのピンチを救うクラリスのシーンや、やはりレクターの冷酷で残忍で緻密な犯罪でしょう、特にこの映画はラスト近くや映画中の各所に衝撃的なシーンが多くあります。
私はこのハンニバルという映画の映像や音楽は大好きなのですが、ストーリーの緻密さとしては前作よりも落ちてしまうかなと思います、前作よりもレクターやクラリスの魅力が描ききれていない部分が少々残念ですね。
しかし、この映画もハンニバル・レクターシリーズの中の一つとして完成された良作ではあると思います。
私の所有しているDVDは古いほうのスペシャルボックスなのですが、DVDの特典映像などもかなり充実していて結構オススメです。

オススメ度7.5点(10点満点中)

(C)映画・DVD・映画館レビュー|あなきん
忍者ブログ | [PR]