忍者ブログ
映画・DVD・映画館レビュー
映画・DVDブログ内検索
映画・DVD最新記事
映画・DVDカテゴリー
映画・DVD記事 - 月別
映画・DVDカレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
あなきん
性別:
男性
職業:
ダースベイダー
趣味:
映画鑑賞



My Yahoo!に追加
映画・DVDブログ相互リンク
映画・DVD検索
映画DVD-Ad
映画・DVD RSS
映画・DVD最新コメント
[06/08 GMN(TRUTH?ブログエリア)]
[06/04 かけら]
[06/01 alice-room]
[05/28 かんすけ]
[05/26 まはろ]
映画・DVDのレンタル・通販
映画・DVDブログQRコード
映画・DVDアクセス

映画・DVDの作品のあらすじ、監督、俳優やハリウッドスターと映画館のレビュー

PAGE | 5 6 7 8 9 10 11 12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回紹介する映画は現在公開中のハンニバル・レクターの原点を描いた映画でシリーズ第四弾のこれです。
ハンニバル・ライジング
ハンニバル・ライジング ハンニバル・ライジング

観て来ました、ハンニバル・ライジング
今までのハンニバル・レクターシリーズとは少し毛色の違う映画でしたが、中々楽しめました。
ハンニバル・レクターの少年時代に起きた事件から物語は始まり、そして青年になったハンニバル・レクターが復讐を行う過程で、少年時代に起きた事件のトラウマから連続人食殺人鬼になって行くまでが描かれた映画です。
まだまだ冷酷な残忍さは足りませんが、各所にレクターらしさを感じる事が出来て、ハンニバル・レクターシリーズ映画のファンならば十分に楽しめる映画でしょう。
物足りないと思った部分としては、もう少し前作の羊たちの沈黙レッドドラゴンハンニバルなどのハンニバル・レクターシリーズに繋がる部分が描かれていたらなあと思った事くらいですね。
約二時間、退屈せずに楽しめるお勧め出来る映画に仕上がっていました。

オススメ度8点(10点満点中)

ハンニバル・ライジング 公式サイト
http://www.hannibal-rising.jp/

PR
今回の紹介映画は、ハンニバル・レクターシリーズの第三弾の映画です。
レッド・ドラゴン

レッド・ドラゴン

この映画の日本での公開は2003年2月です、前作のハンニバルからは約2年、羊たちの沈黙からハンニバルが公開されるまでの10年と比べるとかなり早い公開ですね。
このレッド・ドラゴンという映画は、羊たちの沈黙以前のハンニバル・レクターを描いた映画で、ハンニバル・ライジングが公開され、現在4部作になったレクターシリーズの時系列で言うと2番目にあたる作品になります。
この映画の見所はオープニングから始まります、オープニングからレクターらしさが全開です、かなり練りこまれたストーリーが素晴らしくて、レクターにあこがれる連続殺人鬼の話がメインの映画なのですが、ハンニバル・レクターシリーズとしてもちゃんと成立していてる作品です。
ラストの演出には、このシリーズのファンならば、思わずニヤリとしてしまうでしょう。
私の評価としては、この映画は何度も観返してこそ評価が上がる映画であると思います。
私が所持しているDVDは初回版なのですが、特典映像も充実していて結構楽しめます。

オススメ度8点(10点満点中)

今回の紹介映画は、ハンニバル・レクターシリーズの映画,第二弾です。
ハンニバル

ハンニバル

この映画の日本公開は2001年の4月、前作の羊たちの沈黙から約10年後の公開です。
監督がジョナサン・デミからリドリー・スコットに代わり、クラリス役の女優もジョディ・フォスターからジュリアン・ムーアに代わってしまっています。
私はあのジョディ・フォスターのやぼったい感じのクラリスのほうが好きだったので、そこは少し残念なところであります。
この映画の見所は、レクターのピンチを救うクラリスのシーンや、やはりレクターの冷酷で残忍で緻密な犯罪でしょう、特にこの映画はラスト近くや映画中の各所に衝撃的なシーンが多くあります。
私はこのハンニバルという映画の映像や音楽は大好きなのですが、ストーリーの緻密さとしては前作よりも落ちてしまうかなと思います、前作よりもレクターやクラリスの魅力が描ききれていない部分が少々残念ですね。
しかし、この映画もハンニバル・レクターシリーズの中の一つとして完成された良作ではあると思います。
私の所有しているDVDは古いほうのスペシャルボックスなのですが、DVDの特典映像などもかなり充実していて結構オススメです。

オススメ度7.5点(10点満点中)

今回の紹介映画は、スター・ウォーズサーガ第六弾でスカイ・ウォーカーシリーズ最終章のこれです。
スター・ウォーズ エピソードⅥ ジェダイの帰還

スター・ウォーズ エピソードⅥ ジェダイの帰還

この映画の日本での劇場初公開は1983年の7月2日です、前作から約3年の月日が経ってから公開された映画です、やはり前作を超えるクオリティで作られた映画ではあるのですが、私の評価はあまり高いものではありません。
ここで紹介したDVDは各所にリメイクが施された特別編と劇場初公開版の2枚組になっています。
この映画の見所は、ルーク・スカイウォーカーが父親であるダース・ベイダーを救うために、皇帝シスの暗黒卿と対決する場面と、そしてスター・ウォーズサーガ・スカイウォーカーシリーズのラストを飾るハッピーエンドのラストシーンですね。
ただし、イォーク族が出てきて少しだけファンタジーでコメディじみてしまったのが、私にとってはこの映画の残念な点です。
この映画は旧三部作の中でも観る人によって評価が分かれる作品だと思います。
このDVDを買った人は、特別編と劇場初公開版をぜひ見比べてみてください、ラストシーンなどにジョージ・ルーカスの憎い演出がありますので楽しめると思います。
この映画は賛否両論あるでしょうが、素晴らしい映画である事に間違いはないと思います。

オススメ度8点(10点満点)

(C)映画・DVD・映画館レビュー|あなきん
忍者ブログ | [PR]