忍者ブログ
映画・DVD・映画館レビュー
映画・DVDブログ内検索
映画・DVD最新記事
映画・DVDカテゴリー
映画・DVD記事 - 月別
映画・DVDカレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
あなきん
性別:
男性
職業:
ダースベイダー
趣味:
映画鑑賞



My Yahoo!に追加
映画・DVDブログ相互リンク
映画・DVD検索
映画DVD-Ad
映画・DVD RSS
映画・DVD最新コメント
[06/08 GMN(TRUTH?ブログエリア)]
[06/04 かけら]
[06/01 alice-room]
[05/28 かんすけ]
[05/26 まはろ]
映画・DVDのレンタル・通販
映画・DVDブログQRコード
映画・DVDアクセス

映画・DVDの作品のあらすじ、監督、俳優やハリウッドスターと映画館のレビュー

PAGE | 1 2 3 4 5 6 7 8 9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回の紹介映画は、フランク・ダラボン監督、ティム・ロビンス、モーガン・フリーマン出演のこの映画です。
ショーシャンクの空に

ショーシャンクの空に

この映画を一言で語るとするならば名作です。
この映画はスティーヴン・キングの小説である「刑務所のリタ・ヘイワース」を映画化した作品になります。
私は、原作を読んだ事がないので、映画原作の比較は出来ませんが、このショーシャンクの空にという映画は今まで観た映画の中でもかなり心に残っている映画の1つになります。
この映画の見所は、やはり爽快なラストシーンと、それに繋がるまでを解説したラスト近くの数十分間ですね、あとはDVDのジャケットにもなっているシーンですね、何のシーンかは観てのお楽しみという事で。
正直、この映画、最初のほうは何だか暗い感じの映画です、しかしラストシーンの爽快感がこの映画を素晴らしい心に残る作品に仕上げています。
映画好きの方なら、一度は鑑賞されているとお思いますが、未見の方はこの機会にぜひ観てみて下さい。
DVDも一時は手に入れるのが困難でしたが、現在はそれほど困難ではないと思います。

オススメ度9.5点(10点満点中)

PR
今回の紹介映画は、OVA機動戦士ガンダム0080ポケットの中の戦争の最終巻である第二巻です。
機動戦士ガンダム0080ポケットの中の戦争 2

機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 2

この第二巻には、機動戦士ガンダムOVAである、0080ポケットの中の戦争の全6話の内の4、5、6話という後半の3話を収録しています。
この作品の見所は、アルという一人の少年の成長と、一年戦争のほんの一部分をクローズアップした特に大きな盛り上がりは無いが緻密に作られたストーリー、登場人物の心理などを素晴らしく描いている点だと思います、モビルスーツ同士がガンガン闘うとゆうような作品ではありません。
なんといっても、最後のモビルスーツ戦闘がザク対ニュータイプ用新型ガンダムNT-1アレックスですから、ザクですよザク、ごく普通のザクです、赤くも青くもありません、通常の緑色の量産型のザク改です、それがたった一機で連邦軍の新型ガンダムと戦ってしまうんです、ある意味斬新な作品ですね。
しかしこの作品は、この2体のジオンと連邦のモビルスーツパイロットの悲しいヒューマンドラマが素晴らしく描かれているため名作と呼ばれているのだと思います。
このOVAを最後まで観ればきっとこの作品の良さが解ると思います。

オススメ度9点(10点満点中)



今回の紹介映画は、機動戦士ガンダムシリーズ初のOVAです。
機動戦士0080ポケットの中の戦争

機動戦士ガンダム0080ポケットの中の戦争

この作品は、機動戦士ガンダムOVA作品の第一弾で一巻と二巻で全六話の構成になっています。
この映画の見所は、機動戦士ガンダム初のOVA作品としてジオン側、そしてコロニーに住む少年の視点から一年戦争の一部分が描かれている点ですね、一機のモビルスーツが大活躍する訳でもなければ、エースパイロットが登場して大活躍する訳でもありません、しかしこの作品が名作と言われる所以は、このOVAを観て見れば解ると思います。
モビルスーツの戦闘シーンも当時としてはものすごくリアルでカッコいい物でした、8年以上前に作られたとは思えない素晴らしい作品だと思います。

オススメ度9点(10点満点中)

今回の紹介映画は、アニメ超時空要塞マクロスの映画版です。
超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか

超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか

TVシリーズだった、超時空要塞マクロスの劇場用長編映画です、TVシリーズのストーリーをベースにリメイクした作品ですが全編に亘って完全にリニューアルされています。
この映画は、TVシリーズとは比較にならないくらい作画が綿密で精細になっています、その映像美は公開当時としてはかなりのものでした。
この映画の見所は、やはりラストのボドルザー旗艦への攻撃シーンとリン・ミンメイの歌う「愛・おぼえていますか」でしょう、私は、たまにそのシーンだけ何度も観返したりしています。
ただし、やはりTVシリーズの映画版なので、全体的に説明不足の感は否めないものがありますが、この作品だけ観ても十分に楽しめるとは思います、アニメ好きなら一度は観て欲しい映画です。
DVDとしては音声が少しばかりしょぼいので、画像リマスターと音声をdtsかなんかで再発売してほしいですね。

オススメ度8点(10点満点中)

マクロス オフィシャルウェブサイト

(C)映画・DVD・映画館レビュー|あなきん
忍者ブログ | [PR]